黒丸の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 6月23日 六アイ ジョギング

<<   作成日時 : 2017/06/23 12:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

水曜日が雨で、木曜日が謎の言い訳で
起きることができず、やっと今日練習。
これでも一応平日週一練習・・・。

外に出ると、意外と涼しいぞ!
ということで、4分30分/km位を目標に
4分35秒/kmで入って、引っ張っていく。

が、やはり20℃の気温は少々暑く、
1周目は、2km以降は4分26秒/km〜
4分29秒/kmでいけたが、2周めは
体に熱が溜まっていく感じ。
4分27秒/km〜4分33秒/kmと1周目より
平均で1〜2秒遅い。

さて、懸案のランニングフォームだが
着地を上から見ていると、やはり一旦
前に振り出した足を後ろに引きながら
着地しているのがわかる。
(先日のFORMでの足先の軌跡通りで
 これは納得できる。)

しかし、着地での力の作用方向が
体感ではわからない。おそらく、
足を走速度と反対方向に同じ速度で
着地させていると思うので、着地の
瞬間は大体上下の方向で力が作用
すると感じるのである。

が、股関節と足先の幾何学的な位置
関係は、接地時は足が僅かに先行し、
最荷重点では上下に一致(膝も最も
曲がって力を貯めている)、離地時は
股関節が先行している。

離地時は、後ろに押す力を感じている
ので、これが推進力になっていることは
理解できる。

問題は、足先が先行した状態で着地し
再荷重点に向けて足を曲げていく
アクションの中で、走方向と反対方向の
力が生じているなら、これも損失だ。

というような、計算を試みているが
なかなかうまくいかない。
これがわかったところで、早くなるわけ
ではないが、とにかく体の真下で
着地できるならそれに越したことはない。
(着地時の股関節(≒重心)と接地点の
 水平方向の距離をできるだけ短くする)

6月23日、5時25分、気温20℃
10.20km、45分51秒、4分30秒/km(平均)
心拍数:163bpm(平均)、176bpm(max)
ピッチ:192spm(平均)
ストライド:1.16m(平均)

久しぶりのランで少し体も重かったが
膝も大丈夫だし、筋肉痛も無い。
が、毎日黒丸の散歩の際にその場で
ジャンプを始めたので、土踏まずは
慢性的に疲れている。
(黒丸も最初は「早く行こう」と吠えて
いたが、今はおとなしく見ている。)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
6月23日 六アイ ジョギング 黒丸の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる