8月6日 潮芦屋 テニス

バボラのガットが切れるまで
使うぞ!と、グリップテープも
巻き替えて臨むが、何故か
直前になって気が変わり、
MAX200Gを使うことにした。

ガットはテクニファイバーの
マルチ(XR3 1.25)で同じだが、
テンションはバボラが45ポンドで
MAX200Gが50ポンド。
ラケットの重量とバランスは、
ガットを張った状態で、
バボラが、330g 323mm
MAX200Gが、338g 323mm

MAX200Gは少し重くてガットが
固く、気のせいもあると思うが
手に負担がかかる。
特に、親指と人差指の間の筋肉
(水かき的なところにあるもの)
に筋肉痛が発生した。

多分、バックハンドのフォロー
スルーで、今までのように
横に払うような打ち方だと
手のひらの薬指と小指的な
エリアでギュッと握るところを
今試しているように、縦に
振り上げるようにした場合は
親指で締め上げて握るような
感じになって負荷がかかると
思う。

だんだんと、バックハンドの
球足が伸びてきた。
スピン量も増えてきたようで
ネットの上の方でも、ちゃんと
ベースラインまでに収まる。
まだ、時々だけど俺のバック
ハンドじゃないみたい!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック