10月6日 淀川 大阪30K

最近の数少ないデータでは、
4分50秒/km位で心拍数は
150bpmくらい。(23℃位)
自分ConconiではHRT153bpm、
4分53秒/km。(25℃位)

ので、心拍数155bpm以上を
イエローゾーン、160bpm
以上をレッドゾーンとして、
4分50秒/kmでペース設定。

ターサージャパンを履いた。
(一昨年のレースシューズ)

予報で雨が降らないような
感じだったがスタート前は
土砂降りで、全員テントに
入って雨宿り。
スタート時は、幾分弱く
なったが、普通の雨降り。
気温は低くなかったが
むしろ走りやすいかもと
思っていた。

予想通り、スタートから
1-2kmまでは深い水たまり。
バシャバシャと走るので
足回りはビショビショ。

最初は5分/kmチョイで
スタートして、その後は
4分50秒/kmで巡行モード。

走り始めはそうでもないが
10km位までに心拍数が
上昇していく。3km位で
155bpmになってしまった。
イエローゾーンを越えた
ので、少しペースを
落とさないとダメなのだ。

かなり悩んだが、最近は
このペースでそんなに
心拍数が高いはずないと
様子を見ているうちに
9kmで165bpmを越えた。
こんなの後でダメに
なるに違いないが
まぁシーズン最初の
練習なのでということで
そのまま行ってしまった。

途中でペースを調整し
心拍数を下げられるかを
いろいろ試すが変わらない。
平均164bpm位で推移する。
気温も上昇し、湿度も高く
体に熱がたまっていく。

結局、20km以降は脚が
動かなくなって撃沈した。
20kmで棄権も考えたが
まぁ歩いても良いのでと
もう一往復頑張る。
(やっぱり歩いた。)

心拍数が高かったので、
ちょっと日頃のデータとの
検証も必要だ。
筋肉痛はひどくないが
大腿四頭筋の前の筋肉が
疲れている。今回は、
ふくらはぎの攣りそうな
感覚はない。
が、足裏を含めて全体的に
筋力不足かも???
ちょっと筋トレと、リアルの
割合を増やす必要があるかも?

15km以降は、横隔膜に
違和感が発生した。
痛いという訳ではないが
息苦しいという感じ。
冬の寒い時期の走り出しに
息がしにくいというと
いうのとも少し違う。
フィニッシュ時は、
感じてなかったが、いつ
解消したかは覚えてない。

また、10km以降は右足の
親指の爪がはがれ気味に
なって、痛くなっていた。
外側で着地しながら
痛くなくなるのを待つ。
この走り方は、スネの
筋肉がダメになってきて、
攣るが、今回は最後まで
持ちこたえる。
結局シューズを脱いだら
爪が浮いていた。

フィニッシュ後に気が
付いたが、右の足裏の
後ろの方踵のチョイ前が
痛くなっている。
やはり、シューズが
厳しいのか?

画像


<ガーミン>
10月6日、8時32分、気温23.9℃
30km、2時間40分6秒、5分20秒/km
心拍数:159bpm(平均)
ピッチ:180spm(平均)
ストライド:1.04m(平均)

<ランナーズアップデート>
2時間41分18秒
0:24:24、0.24:27、0:24:56、
0:25:30、0:28:08、0:33:53

なんと、膝と足首は大丈夫。
だが、その他が全然ダメだった。
特に、足底筋膜炎的な痛みが
気になる。もう一度長い距離を
走ってみてダメそうなら
今年のレースシューズは、
ターサージャパンではなく
ROADHAWKにしようかな?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

しばしゃん
2018年10月09日 10:32
土曜日の大阪30K、お疲れ様でした。これまでの経験データを基に、心拍を活用されてるんですね。恐れ入ります。私は疲労度のチェックのために睡眠時の心拍数のみをチェックするようにしています。それにしても土曜日は途中から激しく暑くなりましたね。私も15キロ過ぎで謎の横隔膜の痛みを感じました。同じく、途中で消失しましたが、呼吸が辛かったのかもしれません。レースまでの再調整、お互いに頑張りましょう~。

この記事へのトラックバック