心拍数について

神戸マラソンでは、心拍数に関する不安から途中棄権した。
大阪マラソンでは、よもや再現しないよなと不安の中で
スタートしたが、最初の3kmでも150bpm以下で普通だ。
体も良く動くので少しだけペースアップして様子を見ながら
心拍数の変化を探る・・・つもりだったが、気が付くと
4分40秒/kmくらいまでブッ飛ばしている。我に返って
4分55秒/kmまで戻したりしてペースが乱高下している。
5-14kmはこんな感じでペースの上げ下げを自分でしてた。

体が動いちゃったのと(神戸マラソンで残念だった)
気持ちの高揚で我を忘れたペース配分だったが
なんと心拍数は155bpm±1に収まっている。
走りながら「そうだよなぁ~」とつぶやきながら走る。
心拍数が上がらないのをいいことに上記のように
大はしゃぎしたのが悔やまれる。

しかし、16km以降は心拍数が上昇し160bpmのイエロー
ゾーンに突入したので決まり通りペースを少し落とす。
前半のオーバーペースが原因かも?
少し落ち着いて165bpmを越えそうではなかったため、
試しにペースアップしてみたが脚攣りの影響で
その後は急ブレーキとなった。

一応、15kmくらいまでは、ペース配分を間違えつつも
いつも通り155bpmで落ち着く感じだった。先々週の
神戸マラソンで生じたような異常に高い心拍数には
ならなかったので、一安心しておこう。
但し、20km以降の160bpm越えについては、今後確認が
必要だろう。

ということで、今シーズンは155bpm、4分55秒/kmを
設定していたが、妥当かどうか確認できないうちに
2レースが済んだ。ちょっと遠回りだが、次の
加古川マラソンではペースを我慢して確認のための
レースにしよう。

2019大阪マラソン結果グラフ.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント