メタレーサー その4

引き続きシューズの履き方と走り方の研究

今日も踵をシューズの踵部の上の縁にそっと合わせ紐をきつめに締める。

やはり、踵のホールド性は弱い!
というかシューズの踵部の傾きのせいで踵の下部が靴と接していない。
後ろから押すと5-10mmくらい隙間があるのでちょっと不安。

これはシューズがずれないように走るのが正しいのであろうと考えて、
着地のタイミングとスムーズな乗り込みだけを意識して走ってみる。
土区間でジャリジャリと音がしないように、そっと足を置く着地をして
そのまま後ろに蹴らずに足を上げていく。

まずは、6分/kmで着地の位置と乗り込みの感覚を合わせていく。
その後、徐々にレースペースまで上げてシューズと足がズレないかを
確認してみるが、シューズの中でゴソゴソした感じはないし踵部分にも
違和感はない。

脚の動きにも特に違和感はないので、これでどこかに余計な負荷が
かかっていなければしばらくこんな感じで練習してみるか?
太ももの前側の筋肉痛は無い。膝周りの違和感はまだ解消してないが、
今日の練習後にこれがひどくなった感じはない。
ので、明日から少し距離を伸ばしてみる。

"メタレーサー その4" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント